労働時間が長い求人は避けよう

働き過ぎは体を壊しかねない

労働時間が長いということは、働き過ぎ状態になる可能性が高いということです。拘束時間を考えて休憩時間も長いのであればまだ良いですが、その休憩時間も少ないのであれば疲れが溜まります。医師の仕事はミスが許されない仕事なので、例え疲労困憊状態だったとしても言い訳などできません。ただ、急に患者の具合が悪くなったにも関わらず休憩を継続するのはあり得ないので、このような仕事上の特性に関しては理解する必要があります。たまたま何人も急に体調が悪くなれば忙しくなりますし、何もなければ比較的穏やかに勤務できます。
睡眠時間が少なくなり、食事もろくに取れないとなると不健康になり自分が病院の世話になるという事態になりかねません。

人材を大切にしていない

長い労働時間を回避する為に各病院がとるベストな策は、人材を増やすことです。しかし人材を増やすことで病院の運営が苦しくなるので、安易に増やせないのです。そうなると、一人の人材にもっと働いてもらおうという結論になってしまいます。
このような状態は病院側の自己中心的な考えが露呈していますし、人材の健康はどうでも良いと言っているのと同じです。人が働き過ぎると体調を崩すという現実から目を背けているなら、人材を大切にしていないと言えます。体を壊した時に解雇されるのであれば、自分一人だけが不幸な気持ちになってしまいます。長時間働くことで成長するという面もありますが、働き手のことを全く考えていない病院もあるのです。

© Copyright Permanent Doctor Jobs. All Rights Reserved.