医師求人を選ぶ時の重要ポイント

医師求人を選ぶ時には何を重視していけば良いのか迷ってしまうことがあります。そこで、重要なポイントを3つこれからお話していくので参考にしてくださいね。この仕事は集中力が必要な仕事なので、体力を回復しながら仕事に集中できる職場を選ぶことが必要です。

昇進昇級制度がある求人を選ぶ

医師の求人を選ぶ時には、昇進昇級制度がある求人を選ぶことが大事です。その理由の1つに、自分の努力次第で給料が飛躍的に上がる可能性があります。自分の職場での地位が上がる時には、給料やボーナスの額が多…

Read more »

勤務時間が長すぎない求人を選ぶ

医師の仕事をする時は勤務時間が長すぎると生活のリズムが乱れ、体調を崩すこともあるため避けるようにしたいものです。勤務時間は職場によって変わりやすく、求人情報の内容を確かめて安心して働ける環境を探す…

Read more »

週休2日制の求人を選ぶ

仕事をする時はできるだけ長く安心して働けるように決めたいもので、週休2日制になると規則正しい生活ができます。休日は定期的に土日になると家族サービスなどプライベートができ、安心して仕事に集中できるた…

Read more »

お勧め出来ない医師の求人とは

医師の求人を探していく時には、働きやすい職場で働く事がお勧めです。そこで、これからお勧め出来ない医師の求人についてお話していきます。今から紹介する所は極力避けて、少しでも働きやすい求人に応募してくださいね。

労働時間が長い求人は避けよう

週休1日で休みがあまり取れない求人は十分な検討が必要

福利厚生が充実していない求人には気をつけよう

人材を大切にしていないかも

福利厚生というのは給与以外のご褒美のようなものです。宿泊施設や飲食店が割安になるなどのメリットがあります。福利厚生を充実させるのは、しっかりとプライベートを楽しんでもらって仕事に精を出して欲しいという意味合いが込められています。もしくは人材不足に悩んでいる場合は、福利厚生を充実させることで人を集めるという意味合いもあります。 しかし福利厚生の充実度について何か法的な定めがある訳ではありませんし、どのような内容にするかはそれぞれ違います。中には福利厚生が形骸化しているようなケースもあります。 やはり、福利厚生が充実していないと人材を大切にしていないという判断になっても仕方ありません。違法性を問うこともできないので、応募する前に見極めるしかありません。

経営が苦しい可能性もある

病院を含む医療関係の施設は、必要なものですが売り上げを伸ばさないと当然経営が苦しくなります。特に人口が減り続ける地方などは病院の経営難が問題となっていて、年に数百件の廃業や約4割が赤字などネガティブな情報が飛び交います。病院を利用する人が少なくなると同時に人件費も経営を苦しめる大きな要因です。つまり、給与の支払いで経営が苦しくなっているにも関わらず福利厚生まで充実させるのは不可能というパターンです。経営が軌道に乗ればそれに比例して福利厚生が充実するかもしれませんが、苦しい場合は諦めるしかありません。福利厚生が充実していない=経営が苦しいと決めつけることはできませんが、福利厚生は充実していた方が良いです。

© Copyright Permanent Doctor Jobs. All Rights Reserved.